クレジットカードキャッシング枠はつけるべき?

住宅ローンの審査基準で評価が分かれる要因のひとつにクレジットカードがあります。
クレジットカードにキャッシング枠をつけている人は、1円もキャッシングしていなくても貸金業法では限度額一杯まで借金をしていることになるのです。
つまり、キャッシング枠100万円のクレジットカードを3枚持っていると、すでに300万円キャッシングしているという扱いになるのです。
銀行は銀行法で規制されていますので、必ずしもこのようなシステムで運営されてはいませんが、場合によっては審査に不利になってしまいます。
ですから、使わないクレジットカードをたくさん持っている人は、住宅ローンの審査を受ける前になるべく解約しておいたほうが無難です。