パーソナルスタイリストをするならカラー診断もできないといけません

【パーソナルスタイリストはカラー診断に対応できなければいけない】パーソナルスタイリストはファッションコーディネイターとしての職務の遂行の上で卓越したファッションセンスが必要になるのは当然ですが、その中でカラーについてのセンスも合わせて必要になります。
つまり肌の色や髪の色、それに瞳の色などは人それぞれ違いますから、その人を最を最も魅力的に見せるパーソナルカラーを見つけなければいけません。
そのためには色に関しての幅広い知識が必要になります。
したがって色彩学を基礎から学び、ヘア、メイク、アクセサリーなどに対してのカラーの総合的な知識をつけることは欠かせません。
また四季によって異なるフォーシーズンカラーによるバーソナルカラーを診断する方法や技術もじゅうぶん習得しておき、お客様に対するカラー診断に対応できる力を持ち合わせておくことが必要になります。