住宅ローン金利に関するシミュレーションとは?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
自宅購入の資金は、現金一括で。
という方はまず、一般的には少ないでしょう。
多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。
支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。
ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。
その間、変動金利にしている場合は世の中の金利事情も気にしなければいけません。
人生は突然何かが起こるものです。
支払の途中に病気で入院。
という可能性もあり得ます。
ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローンフラット35では、普通の住宅ローンで払わなければいけない保証料が必要ありません。
さらに、繰上げ返済や返済方法を変更する時でも、手数料がかからないので気軽に手続きを行うことが出来ます。
今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。
年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。
新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。
増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。
今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローン金利シミュレーション!後悔しない銀行選び!【金利比較は?】