看護師資格を活かせる転職先は病院以外にもあるの?

いま日本においては、経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生の受け入れを行っています。
しかしながら、日本語で出題される看護師の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。
就労と日本語の勉強と同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、大変シビアであるようです。
知人が入院している病院におみまいに行ってみたら、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを何度も見かけました。
一人では動けない患者さんの中には、ナースコールに頼る人も珍しくないのです。
看護師さんの日々の作業は、いつもいるわけではない、お見舞い客がちょっとみるだけでも、苦労続きだと思います。
看護師が病院や医療施設などで仕事をする時、その配属先は非常に重要なポイントです。
例えば、同じ医療施設で仕事をするケースでも配属される科によって、大きく異なる仕事内容になりますよねー★自分の希望する配属先で仕事をするなら困難に直面することはありませんが、不得意と考えている配属先だと仕事をうまくこなせない事例も考えられます。
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。
保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。
また、病棟勤務と違い、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。
勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、特に大病院や、人気の診療科などがあると多くの患者で待合室がいっぱいになり、対応には時間がかかるでしょう。
クレームが入ることもよくありますよねー★どんなスキルが必要になるか、ということもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。
看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々ありますよねー★保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。

看護師転職で志望動機どう答える?事前に面接対策【病院を選ぶ理由は?】